読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【観劇ネタバレ感想】ミュージカル刀剣乱舞 〜三百年の子守唄〜

 

刀剣乱舞のミュージカル

いわゆる「刀ミュ」

先日初参戦して参りました。

 

トライアル公演は映像で拝見していたのですが、初めて生で観て非常に楽しませて戴きました。

 

以下本編とライブの感想を述べさせて頂きます。

 

 

1部ミュージカルパート感想

 

まずは本編。

今回の刀ミュは徳川家康の一生を追う物語。徳川家康って有名な割に意外に歴史物で取り扱われない印象。

刀ステも含めて他の作品で取り扱われているのが、源義経織田信長、そして今度の刀ステの新作は伊達政宗と歴史上で華がある人物が多い印象なのですが、

本編中でも少し触れられていますが、徳川家康ってちょっと地味なんでしょうね。

でも、敢えてそこを題材にしたこと。

また、時間遡行軍によって家臣を殺され歴史が変えられてしまった為、それを修正するため刀剣男子達が徳川の家臣となり奔走し、徳川家康の一生に寄り添うという内容の着眼点も非常に面白いと思いました。

 

ただ、本編に関して1番の見せ場と泣き所である部分の話は行動に関してはよく解るのですが、そこに至るまでの感情の裏打ちをもう少しその前に伏線があったり、話を膨らませても良かったというか、尺を取っても良かったのではないかなあ。

と個人的に思います。

 

あと、プロジェクジョンマッピングが凄いというのが恐らく刀ミュのポイントの1つなんだと思いますが、

その分演技以外のプロジェクションマッピングに目がいきすぎてしまい、マッピングがうるさいと思ってしまうのと、セットが殺風景なのが寂しいな…と思ってしまう。

私がプロジェクションマッピングを使う舞台に慣れていないのがあると思うのですが(笑)

 

この辺りは完全に個人の好みの問題ですね。

 

刀剣男子は時間遡行軍を倒すというだけではなく、「歴史をあるべき姿に戻す。」というのが使命なんだなと再認識した舞台でした。

本編を観終わった後『三百年の子守唄』というタイトルに改めて思いを馳せてしまいます。

 

2部ライブパート感想

 

2部のライブパート。

いや、これが。本当

 

めっっちゃ楽しかったです!!

 

トライアル公演観た時

「二次創作でありがちな…ドルパロ…!?」

とか思っていたのですが、

 

実物のアイドルしてる刀剣男子を見ると衣装は可愛いし、皆歌も歌えるし。

次元が解らなくなる位アイドルでした(笑)

 

あと、想像以上に客席降りとファンサが凄くて、凄いペンライト振りながら客席がキャーキャー言うのが新鮮でした(笑)

まさに「お祭り」と言った感じでとても楽しかったです!


そして重ね重ね刀剣男子可愛い過ぎか…!
凄い皆可愛くて、改めてキャストの皆さんの力を思い知った気分です。
確かライブを少し前にやっていたけど、これは確かにライブだけでも楽しいですね。

こちらは個人について書かせて戴きます。

 

石切丸/崎山 つばさ

 

いや、流石初演から出ているだけあってこなれている…

ファンサも1番こなれている…

自分のうちわをお客さんから取って

「払いたまえ、清めたまえ」

ってやってるの見た時

『…神かよ…!』

と思いました(笑)

 

歌声はとても柔らかくてマイルド。

崎山さんはデビミュの初演のウリエで凄いマイルドボイスだなあ。

と思って聴いていたんですが、生でもそれは健在でした!

 

にっかり青江/荒木 宏文

 

荒木くんの青江は最早「青江様」でした。

なんだ香り立つあの色気は… 

そして立ち姿が美しくて麗しい。

二部の着込んでいる衣装が非常に私のツボでして、

元々荒木くんはこちらの世界に入ってきた時から拝見させて戴いてるので、

また舞台上でお会い出来るのが嬉しいし、最早その美しさにひれ伏すしかありませんでした(笑)

 

物吉貞宗 /横田 龍儀

 

とにかくめっっちゃ可愛い。

衣装も帽子も可愛い。

ブログで「歌も踊りも苦手で…」とおっしゃってたんですが、

そのちょっと洗練されてなくて、凄い頑張っている感じが逆に可愛い!!

1番アイドルっぽかった気がします。

あの可愛らしさと笑顔に主は撃ち抜かれてしまいますよ。

今後活躍して行って欲しいなあ…と見ていて思いました。

 

蜻蛉切/spi

 

劇中で歌を聴いた時「何だこの歌の上手さは!!」と二度見してしまう位の歌の上手さと発声の良さ。

後でパンフレットで知ったのですが、元々ボーイソプラノとして歌われていたり、歌をメインに活躍されている方だったんですね…

とにかく歌が上手かったです!

2部のソロ曲が半端なく格好良かった…

村正ファミリーは完全に歌とお色気要員ですが、普段良い身体を露わにしてる蜻蛉切さんが着込んでいるのが逆に萌えました。

 

 千子村正/太田 基裕

 

今回は彼目当てと言っても過言ではないのですが…

ゲームの村正とは少し方向性の違う怪しさというか…”妖艶”と言う言葉がぴったり。

キャラクターは男性的ですけど、仕草が女性的な色っぽさや艶っぽさが詰め込まれてとにかくエロい(笑)歩く姿は百合の花です。美女です。

2部の衣装はニーソじゃないのかよ!!!

と思いましたが、着込んでる時は蜻蛉切同様その禁欲的な感じが逆にそそります(笑)

歌は聞けば聞くほど上手くなって素晴らしいなあ…と思います。

 

倶利伽羅/財木 琢磨

 

財木くんは今後これは伸び代しかない…伸びる…!!

と勝手に上から目線で思いました(笑)

歌も台詞回しも個人的に好みだったのですが、とにかく私は彼の立ち姿のシルエットが好きで…

特に2部衣装。衣装のデザインも好みだったのですが、アイドル衣装着てる倶利伽羅可愛い!

しかも、なんだかアイドル慣れてないような馴れ合うつもりはないけど客席にデレてしまう倶利伽羅らしい感じの優しさあるファンサも可愛い!!

あの倶利伽羅見たら倶利伽羅推せてしまう…と思ったのでした。

 

以上刀ミュ初体験な刀ミュのレポートなのでした。

4月にもう一度行くのですが、次はちゃんとうちわと正規品のペンライト持って行くぞー!