読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きな俳優さんの好きな舞台の話〜太田基裕さん編〜

太田基裕さん。通称もっくん。

以下もっくんと呼ばせて戴きます。

 

最近だと刀剣乱舞のミュージカルで千子村正を演じていましたが、
刀ミュに行った2.5次元作品ビギナーな周りの方々が、見終わって帰ってくると「村正めっちゃ良かった!可愛い!!村正好き!!!」と言って帰ってくるのを目の当たりしていた今日この頃。


刀剣乱舞のゲーム上の千子村正は”可愛い”タイプのキャラクターではないであろうことからも御察しの通り、決してミュージカルの千子村正はゲームの千子村正とイコールのキャラクターでは無いと思います。それでも、あの妖艶で色っぽい村正もありだな!と思わせて魅了してしまうもっくんの役作りや本人の魅力の底力をひしひしと感じています。

 

私にとっての”初めてのもっくん”

 

私がもっくんを初めて見たのは「弱虫ペダル」の舞台のDVD。
『凄い今泉くん役の人爽やかなイケメンだな!ぴったりだ!!』って思ったのを覚えてます。
初めて舞台で生で見たのは「メサイア〜鋼ノ章〜」でした。正直キャラクターとしては私の中で余り颯真はピンと来ていなかったのですが。(好みの問題です)
たまたま私が行った回のカーテンコールの挨拶がもっくんで、ふんわりとした優しい喋り口と何より笑顔が眩しくて。
『笑顔…可愛い…100点…』
って思ったのも覚えてます(笑)

幕末ROCK」や「テニミュ」など出演作品の映像を見せてもらう事も多かったのですが、私の中で”観に行く作品に出ていたら嬉しい俳優さん”の域を暫く脱しませんでした。

 

その域をぶち壊した作品が、オリジナルの舞台作品である

「Club SLAZY」
後述予定の井澤くんの出演作品を探していたら辿り着いたこの作品。
ほぼ時期を同じくして妹が
「周りの人の評判が良いからチケット取ってみた。主演もっくんだよ。」
とたまたまチケットを入手してくれて、予習がてら過去作品を見始めたのが運のツキ。

ソロのショーステージパートのもっくんのオーラとエロスにびっくり!
声のアダっぽさ、立ち回りや手の動きのセクシャルな色っぽさ、歯の浮くようなセリフ…

「そんなん2次元限定しか萌えないでしょ…」と思っていたものを全て現実で見せられているのに2次元を超えてキュンとする!萌える!!

「抱いてええ!!今宵は激しく抱いてえええ!!!」と叫びたくなる気分にさせる!!(笑)

本公演も1回しかチケットを取っていなかったのに気づくとリピーターチケットを握りしめている自分がいるのでした。

 

ここからもっくんの魅力に当てられる楽しい日々が始まったのです(笑)

 

個人的なもっくんオススメの作品


もっくんは幅広く色々な作品に出演されているので、好きな作品は結構あります。
映像化されてないもので好きなものも結構あるのですが…

「刀ミュの千子村正最高でした!」
と言う方はどのジャンルが好きかにもよると思いますが、 

 

弱虫ペダル」「幕末ROCK

 

 

 

 

 

 

 

 
辺りがまずはオススメかな…と思います。


今は全てキャスト変更してしまっていますが、それぞれのキャラクターの個性のアプローチがありつつ、もっくんの魅力も堪能出来ると思います。
どの作品も作品としてもとても面白いので、原作が好きな方にもご満足いただけるかと…!

特に初期の弱虫ペダル村井良大さんや、鈴木拡樹さんを始めとして目下今各方面の舞台で活躍するある種最強の布陣なので観て損は無いと思います。

 


あとはやはり、先に書きましたが個人的に外せない「Club SLAZY」シリーズ 

 

Club SLAZY The 4th invitation~Topaz~ [DVD]

Club SLAZY The 4th invitation~Topaz~ [DVD]

 


もっくん演じるBloomは本当にとっても魅力的。
もっくん自身の爽やかな色気や繊細な演技がめいっぱい堪能できる作品だと思います。シリーズ後半に行くにつれてBloomのキャラクターとしての魅力ももっくんの演技の魅力もどんどん深まって来ます。
シリーズ通して観ているとショーステージのパートの歌がどんどん上手くなって行くのもとても観ていて楽しい。

ちなみにもっくん演じるBloomが出ているのはシリーズ中 無印・2・4・そしてこれから出るfinですが、4とfinがとてもオススメ。大好きです。


あとは観た人が口を揃えて「あれは衝撃。ヤバイよ!」と言うのが 


「マグダラなマリア」シリーズのアンナさん。

 

 

 

 



私も周りから「ヤバイよ」と言われて興味をそそられてDVDを買って観てみたのですが。 


うん。なるほど、 ヤバイ!!


もっくんは”パツキンのパイオツカイデー”なクールビューティの役なのですが、文句なしで本当に美人!
お色気シーンもあったりするのですけれど、これが見ていると女性が艶かしく脱いでる様にしか見えなくて!本当見ていてイケナイものを見ている様でドキドキしてしまいます(笑)

シリーズ中色々な格好をしていますが軍服が1番好みかな…アンナさんに踏まれたい…
舞台作品としてもとても面白いのですが、脚本・演出・作曲・出演…と全てを担っていた方が不祥事を起こしてしまいDVDの生産が止まってしまっているのが難点。(一部再販されているのでしょうか?)

作品としては重ね重ねとても面白いです。作品に罪は無い…

 

映像化はされていませんがとあるホテルのロビーでの人々の様子を描いた群像劇

「 VIVID CONTACT -re:born-」

の仕事のデキるの女性役もとても素晴らしかったです。仕草や立ち回りがまるで女性。

『いる!ああいう女の人いる!!』と思う位に。

 

あとはやはり  「ジャージーボーイズ」のボブ・クルー役でしょうか。

ジャージー・ボーイズ」は最強第24回読売演劇大賞にて最優秀作品賞に輝いたことでも話題になりましたね。

公演中に新聞の作品評でボブ・クルーを演じるもっくんが評価されてていてファン心理としてほくそ笑んだ覚えがあります。


ジャージー・ボーイズ」の演出・藤田俊太郎さんとは「手紙」と言うミュージカル作品でももっくんは共演されています。本当に素晴らしい演出をする方なので他の演出作品でも見てみたいし、来年の「ジャージー・ボーイズ」再演の時はまたもっくんのボブ・クルーが見たいなあ。とワガママながら思っています。

 

私は次に出演予定の「黒子のバスケ」の舞台で作品中屈指のゲス野郎”花宮 真” をもっくんがどう演じるかもとても楽しみなんですよー!(黒バス自体の作品も大好き。)

 

 

以上。大分長くなってしまいました…

もっくんは出演作品も多いので、あくまでこちらに挙げた作品群は私の個人的な趣味です。他のファンの方のファンの方の数の分だけきっと好きな作品やオススメ作品があるとは思いますが、きっとどの作品を見ても色んな魅力に出会えると思うので、刀ミュの千子村正から知った方も是非もっくんよろしくお願いします!