2.5次元舞台を2.5次元以外の目的で見に行った話

先日(と言っても2ヶ月位前になってしまいましたが…)「遥かなる時空の中で6 〜幻燈ロンド〜」を観劇してきました。

 

 

 

 

舞台としてもとても面白い作品で、女性向けシミュレーションゲームが元なので色々とルートがあるのでしょうが、話もとても纏まっていて終わる頃には世界観にどっぷり浸っていました。

 

しかし、ファンの方に大変申し訳ないのですが、遥かは元になっているゲームや登場人物は勿論知っているんですけど、実はプレイをしたことがないのです。

(すいません!あ、石投げないで!!すいません!!!)

 

それならば何故観に行ったのか…というと、この舞台の脚本・演出を手がけている西森英行さんの演出がとても好きで、他の演出作品も見てみたいと思ったことと、西森さんが手がけている舞台である「メサイア」や「悪党」に出演していた橋本真一くんの他の舞台を見てみたかったことが一番に挙げられます。

それ以外もメサイアで黒子を演じていた小谷さんや、SLAZYのEyeball役の長倉くん、デビミュのメィジ役の吉岡さん。

アンサンブルの方もメサイアで拝見したことのある方が多く、極め付けは殺陣指導が六本木さん。そして何より主人公の女の子が可愛かった…!

 

普段拝見している舞台でよく見ている方ばかりで、

「これは行くしかないでしょ!!!」

と軽率にチケットを取ったのが成り行きです。

 

結論としては先述した通り舞台としてもとても面白かったのですが、2.5次元舞台に初めて出会った時の雰囲気や醍醐味を改めて肌で味わうことが出来る稀有な経験が出来た気がします。

 

西森演出の妙

 西森さんの演出は好きな所はいくつかあるのですが、丁寧な心理描写の掘り下げと、話の筋道の見せ方が非常に分かりやすい所が特に好きなんです。

 

2.5次元の舞台は原作ありきなので、原作ファンの人が多く当然見に来ます。そして、これまた当然なのですが、アニメで言う1クール位の情報量を2〜3時間に纏めているものが多く、その分内容が駆け足だったり、「内容知ってるから解るけど、そんないないとは思うけど初めて見る人に解りづらいんじゃないかなあ?」という印象を受けるもの結構あるんですよね…。でも、西森さんの演出は「この作品はどういった世界観の上でどういう登場人物で成り立っているか。」という紹介を冒頭で解りやすく紹介をしてくれます。登場人物紹介の見せ方が各作品において趣向が異なるのも好きです。そこからの話の筋道の立て方もとても解りやすい。冒頭に書いたように作品ファンは勿論、作品自体の話や世界観を知らなくてもその世界観にすっと入って観終わった頃にはその世界にどっぷり浸らせてくれる感じ。見に来た観客に世界観を魅せる演出と解りやすい筋道の脚本は今回も健在でした。

 

 2.5次元舞台の醍醐味

2.5次元舞台の醍醐味は何と言っても

”2次元の中にしか存在しなかった登場人物が次元を超えてこの3次元の世界に存在したと錯覚させること”だと思っています。

 

遙かなる時空の中で」というコンテンツは歴史もあるし、メジャーなタイトルではありますが、決して今物凄く流行している…というコンテンツではないと思います。その分作品をずっと愛している根強いコンテンツのファンしか来ない。そう言った作品を愛している人の御眼鏡に適う作品を作るには生半可なものでは通用しないし、集客も出来ない…と思うのです。

 

しかし、舞台の幕が下りた後に両手で口元を覆って目を潤ませている人や、「ヤバイ!ヤバイ!ヤーバイ!!」と口にしている人、そして終演後の物販の長蛇の列を見て2.5次元のコンテンツとしても素晴らしいものだったんだなあ。と強く感じました。

 

2.5次元コンテンツ。私もとても好きですが、流行もあり濫立しているのは決して否定しません。作品や作品のファンに対して敬意を感じない舞台も正直あります。そう言った点に関しては「遙かなる時空の中で」の舞台は俳優さんや、スタッフさんの丁寧な気持ちを感じることが出来る良い舞台でした。

 

来年の年末に遙かシリーズで最も人気があると言っても過言ではない「遥かなる時空の中で3」が西森さんの演出は変わらず、脚本に坪田文さんを迎え来年の年末に舞台化も決定しました。遥か3は実は積みゲーになっているので(本当にすいません!!!)今度はゲームをしっかりプレイしてまた観劇したいな…と思っています。

 

 

 

 

 



 

 

私が焦がれたメサイア有賀と間宮の話

メサイアという作品は、作品の特性上主人公がバディを組んでおり、バディ毎のドラマにスポットが当たって話が展開されます。様々な魅力的な登場人物とバディが作中には登場しますが、制作サイドからも舞台シリーズの中で「奇跡の作品」と言わしめる鋼ノ章を牽引したメサイアコンビ。暗殺組織の党首の息子であり、暗殺のエキスパートだった有賀 涼と誰よりも音楽を愛し、誰よりも平和を願っていたプロのヴァイオリニストの間宮 星廉。真逆の環境で育った二人が運命の悪戯により交わってしまった故に辿ってしまった悲劇的な末路。そして、メサイアを組む前からどのメサイアよりも本質的に互いの救世主だったにも関わらず、メサイアになれなかった哀しき2人。そんな「奇跡の作品」に触れた私を観劇の世界へ引き込んだ有賀と間宮の2人について話をさせてください。

 

間宮とシュレディンガーの猫

 

極夜で明らかになった間宮の過去は悲しくて壮絶なものでした。間宮はチャーチに入る所から堤貴也の掌の上で踊らされていた存在であり、彼の道具であると同時に実験動物でもありました。鋼ノ章の本編を観た当時クァンタムキャット(以外QCと略します)が結果として間宮以外外部の人間だったことに「本当に”シュレディンガーの猫”の存在そのものみたい…」と思っていたのですが、極夜を見てその思いは確信に変わりました。間宮はまさに堤貴也によって匣の中に閉じ込められた”シュレディンガーの猫”そのものだったのではないかと思います。

 

先日演出を手がけている西森さんと脚本を手がけている毛利さんのメサイアトークショーに伺った際に、一緒に聞いていた妹が、

「”裏切っている/裏切っていない”という二つの状態の間宮自体がもはやシュレディンガーの猫の状態でトークショーの中であった、”有賀との絆を感じた時に裏切った”=観測結果的なものを感じた。人間誰しも同じ瞬間に『やめよう』『やろう』って意識が二つになることがあるとい思うし、そのどれに重きを置くかはその時次第だけど両極端の意識も同時に存在するってことに気づいて鋼を見てほしい。」

と言っていて、その考えを聞いた私は「なるほどなあ…」と頷いてしまったのでした。

 

間宮は鋼ノ章の中で2つの対局にある感情の間でずっと揺れ動いている印象があります。

 

自分は裏切り者だ。

自分は有賀のメサイアだ。

全てを壊して燃やし尽くしてしまいたい。

人を殺したくない。

 

QCを庇っていたのもあるけれど、「有賀がどんな気持ちで人を殺していたか考えたら怖くなって…悲しくなって…」と言うのも間宮の本心だったと思うし、淮斗が有賀を陥れた際に「俺、有賀のメサイアだから。」と淮斗を睨みつけた間宮も本心。

 

極夜を見ていると間宮は有賀の実力と任務の遂行能力に対しては絶大な信頼をしていたであろうことが読み取れます。しかし、彼の本心には結局間宮自身では最後の最後まで辿り着けなかった。その結果が、鋼の最後の戦闘シーンで「ごめんよ…有賀。」と泣きそうな顔で間宮が有賀に銃口を突きつけるシーンであり、「あの時殺してくれればこんなに悲しい思いをせずに済んだ。」と有賀に訴えるシーンであると思うのです。陥ってしまった現状に対しては勿論、有賀の想いをもっと早くに知っていたら…という謝罪。そして、最期に自分が心から求めていた、そして自分を求めている存在が側にいる事を知れた喜びと、有賀の想いを知ることが無ければこんなに心を揺さぶられることなく悪魔に魂を売ることが出来た…という悲しみ。間宮は最期の最期まで相反した感情に揺さぶれ続けるのです。

 

結果として、間宮はサクラになるには優し過ぎたのだと思います。誰よりも平和を願い誰よりも平和を愛していたのに、自分の存在を根底から覆す出生とそれ故に利用されてしまった哀れな猫。

 

では、本当に間宮は哀れなだけの存在だったのでしょうか。

 

以下、西森英行さんのHPに掲載されていた鋼ノ章の冒頭のテーブル稽古の資料です。

 間宮はクアンタムキャットの接近を知り、動揺。
※バイオリン演奏…間宮は、もともとバイオリン演奏が純粋に好きで、幼く純粋な思いで奏でていた音色があった。
しかし、調印式典でのテロを経て、以降、純粋な音が出なくなった。その音を内心探している。「あの音が見つからない」。 メサイアとなった間宮は、心乱れるとバイオリンを弾く。演奏によって心を落ち着かせたいと思うが、内心「あの音」を探してしまうため、かえって心乱れる悪循環に陥る。(http://www.nishimorihideyuki.comより)

調印式典でテロが起こる前に最後に弾いたのは『G線上のアリア』なのです。最後に弾かれた『G線上のアリア』は有賀への手向けと謝罪であり、映画の内容を踏まえるなら有賀を信じた間宮の”間宮レポート”に対するヒントであり、何より「あの音」を最後に取り戻させてくれた救い人に対する感謝と御礼だったのではないかな…と思うのです。それはエンディングでオープニングと逆の立ち位置で柔らかい笑顔でヴァイオリンを弾く間宮と上記の資料を併せて確信に変わりました。

 

そう。

 

最期のあの瞬間に間宮は有賀によって救われていた。

 

と。

 

有賀にとっての救いと枷

 

 間宮と有賀の設定でずるいのが、有賀の振る舞いだと思ってます。翡翠ノ章まで「間宮との溝が埋まらない。」と言い、さして間宮に対して興味を示していない様に見えた有賀の実は何よりも誰よりも強い間宮へのベクトル。まあ、ずるいと同時に「もっと早くにアクションを起こしていれば…!」とは思ってしまうのですが。

 

第2世代のサクラ候補生の面々は第1世代に比べてより闇が深いイメージがあるのです。いや、闇が深いというより闇に呑まれていったという表現の方がしっくりくるのかもしれません。時系列としては本編上は暁のオープニング手前→極夜→暁本編。という順番になるのだと思うのですが、暁乃刻で印象的に使われるチェーカーの

『死者に囚われて冥府に引き摺り込まれるな。』

という台詞、これは白崎だけではなく有賀にもそのまま当てはまると私は思っていたのです。しかし、極夜を見た今、その見解は少し違っていたのかもしれないと考えるようになりました。有賀が冥府に引き摺り込まれなかったのは、何者でもない死者本人…即ち間宮がそれを望んでいなかったのだと。

 

 私が誰よりも焦がれたメサイアの2人はあの極夜での万夜の協力による邂逅の瞬間本当に文字通り永遠の”魂の伴侶”になったのだと思います。そして間宮は再び有賀を救ったと同時に併せて有賀へ大きな枷をかけました。言葉では示されませんでしたが、「いつきと共に未来を歩んで欲しい。」という枷を。いつきとのメサイアを全うすることは同時に間宮の願いでもある。そう考えると暁の本編の有賀の行動も何となく見方が変わってきます。

 

第2世代のサクラ候補生は総じて危うい印象を受けます。しかし、その中でも1人闇の中に生まれ、闇の中に生きて来たのが有賀という存在だと思うのです。”サクラになる資質は深い絶望”であるとするならば、有賀はサクラ候補生になった時間宮によって希望を灯されていたイレギュラーな存在。(元の出自が特殊とは言えども)しかし、結果として間宮を手にかけたことと、そして翡翠の時に何かアクションを起こしていればもしかしたらあの結末には至らなかったのかもしれないという後悔によって初めてサクラ候補生に必要な”深い絶望”という素質を真の意味で手に入れたのではないかと思うのです。しかし、そんな状況の中でも有賀はまた間宮によって未来へ生きる道を示されてしまった。結果として有賀は間宮と切っても切り離せないのです。

私は間宮もいつきもそれぞれが最悪の状況に陥っても決して有賀のことは攻めない。むしろ2人ともタイプは違えど有賀に対して謝罪と感謝をするタイプのメサイアだと思っています。(しかし、それが有賀にとって幸か不幸かは解りませんが…)

 

私は最悪第2世代全てのサクラ候補生がいなくなってしまっても有賀だけは他の人の想いと己の罪と罰を背負いながら1人きりであの鋭い眼光で前を見据えて、茨の道を歩み生き続ける気がするのです。

 

 

 つらつらと有賀と間宮について書いてしまいましたが、2人の関係は極夜で一旦の区切りがついたのではないかと私は思っています。有賀は間宮の想いを抱えながら間宮と違った形でいつきとメサイアの関係を紡いでますし、きっと間宮は有賀といつきのすぐそばで2人の行く末を困った様な表情をしながら、そして2人のやりとりを笑いながら見守っているのではないか…と勝手に思っています。(宵宮のプロローグ辺りの有賀を見てめちゃくちゃ間宮は有賀を心配していたのではないかとも思ってます。どんな話かは動画がyou tubeに上がってるので是非。)ここのメサイアは「逆めぞん一刻」みたいなメサイアの関係性かなあ。というのが個人的な最終的に至る見解です。

 

いつきと有賀のメサイアが嫌いな訳ではありません。有賀と間宮のメサイアと有賀といつきのメサイアはそれぞれベクトルが違うと思っています。(だからこその暁の名前呼びの展開だと思っているのです。)

ただ、有賀と間宮の物語がなければここまでメサイアにも観劇にも傾倒することはなかったし、この一種特殊ないわば悲劇的なむしろ悲恋にも近い感覚すら覚える有賀と間宮というメサイアは私の中でも特別な存在感を帯びているのだと思います。それは恐らくこれからも変わりません。

 

9月の新作『悠久乃刻』有賀といつきの集大成。彼らにどんな試練が待ち受けているのか…。そして、彼等第2世代の物語にどんな終止符が打たれるのか今から心して待とうと思います。

 

SLAZYのトークイベントに行って来た。

CLIEサマーフェスティバル。

通称「クリサマ」

なんだかCLIEさんの手作り感溢れる学園祭みたいな夏フェス。

今年もSLAZY目当てに行って参りましたよ!SLAZYのトークイベントだけチケット瞬殺なのを見ていると、やはりCLIEの中の一大カテゴリなんだなあ…と改めて思います。

(インフェルノとか魔界王子も行きたいんだけどね。今回予定が合わなくて…)

 

ちなみに今回の内容はこんな感じ。

 

SLAZY楽曲総選挙

 

これね。今回のメイン。

ちなみに順位は以下の通り

 

10位 あなたは知らない
9位 Serenade
8位 Money Money
7位  A to Z
6位 CRAZY GIRL

5位 Show Business!
4位 Roller Coaster Life
3位 Garnet Star
2位 サヨナラ
1位 The Invitation

 

2位と1位は堅いなあ。と思っていた(ので敢えて入れなかった)けど、結構それ以外の楽曲の順位は意外でしたねー。

まあ、CRAZY GIRLとかSerenade、RCLは上位に来ると思ってましたが、トップエースの楽曲の強さよ…!!

 

あと、「もしも…」とか「Theme of SLAZY」が入ると思ってました。

 

(ちなみに私は「あなたは知らない」に入れました。大好きなんだよ…)

 

こちらの楽曲と11位の「Slave March」「Circus」「DRUG」「もしも…」はカラオケで配信されるようなので皆んなでカラオケで歌おう!!

(Theme of SLAZYも11位でしたが、カラオケで入ってるから続投かな?)

 

SLAZYでドン

 

タイトル間違ってるかもしれない…

SLAZYの曲のイントロドン。

何が凄いって、出演者で答える方もガチだけど、来ている386の方々もイントロ聴いていて「ああ…この曲ね…」っていう空気感が流れるあの会場全体のガチぶりが本当にヤバイ(笑)

このイントロクイズの空気感。是非機会があれば味わって頂きたい(笑)

 

そしてお待たせ!な

 

ドラマのSLAZYの詳細

 

 

個人的には我らが上司様Qちゃんのお名前が無かったのだけが本当に悲しくて残念。でも追加で来ると私は信じてます!

 

Deep・Act・Will・Kingと歴代トップエース揃い踏みなのも嬉しいところ。

そしてRetiさんも!!

 

とどのつまり

 

皆頼む!見てくれ!!

 

TOKYO MXは地域外でも「エムキャス」というスマホアプリで視聴が可能。

 

http://www.appps.jp/174989/

 

SLAZYも頼むからアプリで地域外の方々も見られますように!

 

 

SLAZYのイベントはいつも凄く楽しくて健康に良いのです。でも、知らない人が来たら多分何を言って、何をしているのかさっぱり解らないイベントだとも思います(笑)でも本当に物凄く楽しい。ある意味究極の内輪受けイベント。でも何度も言うけどとても暖かくて楽しい。それは、お客さんだけでなく、出演者も、関係者さんや、作っていらっしゃるスタッフもとりあえずSLAZYが好きなことがめちゃくちゃ解る素晴らしい空間だからなんだと思います。

 

最近ちょっと鬱々としていてSLAZYのfinを改めて見始めたのですが、自分が欲しかった言葉が不思議とするすると出て、自分の中に入って来る舞台で、見ながら泣いて、笑って、気づくと少し背中を押された気がしました。

 

沢山の愛情で作られた、誰よりも人を思いながら傷ついて、変わることを恐れて、怒って、それでも前へ進む現代の極上の優しいフェアリーテイル

やっぱりSLAZYは私にとって人生のバイブルでした。大好き!

 

どうかドラマでも悲しみを抱えた女性が、新たな386の皆様がようこそされますように。

【ネタバレ感想】メサイア外伝 -極夜 Polar night-

 f:id:bonbonnikunikuoniku:20170618001712j:image

メサイア外伝 -極夜 Polar night-」

公開おめでとうございます!!

 

実は一足先に暁乃刻のリピーター特典で拝見してきたのですが、メサイアはどこまでいっても容赦ないな…と改めて思った次第です。

 

メディアミックス化されたメサイアプロジェクトの影の主人公と言っても過言では無い三栖・周の物語。シリーズを長く支えてきた2人の極限の状況で紡がれる壮絶な最期で最初の物語。ほぼシリーズ全編を跨いで登場しているキャラクターのある種の決着の話なので、正直ここからメサイアが初見ではちょっと登場人物の把握が難しいかもしれません。

 

メサイアは原作・舞台・映像とそれぞれ共通の世界観でありながらも描く方により、三者三様の印象がありました。舞台の毛利さんと原作の高殿先生はとても容赦無く「えげつない」感じのお話を描かれる印象で、方向性としては良く似ているのですが、(毛利さんは中へ中へ抉ってくる様なえげつなさなのに対し、高殿先生は冷たく突き放した様なえげつなさがあるのです。)映像だけは上手く言えない異なる方向性を感じていたのですが、今回の映画は高殿先生寄りの「えげつない」作品であると同時に原作で散りばめられている高殿円先生のエッセンスを多分に感じた映画でもありました。

 

終焉から始まる新たな未来

 

前作の映画「深紅ノ章」で実の父親である堤貴也を殺害した結果精神的に大きなダメージを負った周と、彼を気遣った三栖が半ば隠居の状態で2人で暮らしている所から物語はスタートします。

新たに志倉から三栖に用意された職場”キンダー”で周を支えるために働き始める三栖。しかし、その矢先に自分の存在が枷になっていると感じた周は三栖の下を去り、三栖の過去を調べるうちに浮き彫りになる周家と三栖の過去との関係。そこに加え新東京史上最悪の爆弾テロに置いてそれぞれが辿り着いた「間宮レポート」の存在を通して、チャーチ・キンダーを巻き込み事態は大きく加速してく…

 

 

私が今回の作品の展開の上で一番恐れていたのは「深紅ノ章」を踏まえて革命の志半ばで周と三栖が一線を退いてしまうこと。そして、万が一彼らが一線を退いてしまった時に彼らの志を継ぐ者がいなくなってしまうのでは無いかということ。

 

こう言ってしまうと言い方は悪いかもしれませんが、革命の志を失ったら彼らの今までしてきたことは、戦ってきたことはなんだったのか。それら全てが無に返されてしまいかねないと思ったのです。

 

 サクラ側の人間で最もこの志に近いのは過去に手を貸した白崎護だと思っているのですが、護は卒業が決定している。そうすると周家の関係者と思われるグエンと会って何らかの働きかけが生じるのか??…などと公開前は考えて居ました。

 

しかし、彼らの選んだ道は安寧の道ではなく革命へと続くイバラの道であり、同時に「究極の平等」の礎として三栖は散っていきました。そして、革命の志はある種最高であり、最悪の形で最もそばにいて、最も三栖の志を理解していた存在である周に受け継がれて行くこととなるのです。

 

実際に三栖と周は共に安寧の道を志すこともあの時できたのかもしれません。正直そちらの方が良かったという人もいると思います。でも、私はこの展開で彼らの志が消えなかったことに哀しみと同時に喜びも感じてしまったのも事実です。

 

周は嶺二と三栖と言う大切な人2人を喪いました。それぞれ志を共にしようとした瞬間に。そして奇しくも「頑張れよ」という同様の最期の一言を残して。今の周を突き動かしているのは彼らの想い。それを実現する為には手段を選ばない強さを周は悲しみの中で手に入れたのだと思います。周家に戻ること、しかも反発していた父に頭を下げることは過去の周では絶対に考えられなかった行為だと思うのです。

 恐らく今後、新たなフィールドで2人の想いを背負って前へ進む周の話も絶対に展開されると確信しているので、その時は今は反目している義理の弟のグエンと並んで共闘する姿が見てみたいです。

 

 

…でも、私は三栖さん絶対生きてると思ってますから!!!

 

メサイアは海に投げ出されると春斗しかり、チェーカーしかり大抵生きてるんです!またひょっこり現れて周と並んでくれる日を信じてます(泣)

 

今作の別の意味でのキーパーソン 御池万夜について思う事

 

試写会に行った際に三栖・周のシーンで号泣して嗚咽が止まらない会場で、重ねて「ハッ」と息を飲む声が聞こえて別の嗚咽が聞こえ始めるシーンがありました。間宮と有賀の邂逅のシーンです。

以前の宵宮のイベントの際に、有賀役の井澤くんが
「何か…詳しくは言えないけど、ぶわあああって感じになります。」とか
万夜役の長江くんが
「有賀の過去に対して万夜が働きかけをします。」とか言っていたのが全て繋がった感じでした。

正直まさかそういう方向の働きかけを万夜がしてくると思っておらず、あの展開は意外ではありましたが、同時にあそこのシーンで有賀と間宮の関係性にもある種の決着が付いたと思っています。

 

有賀と間宮に関しては、私の個人の贔屓と傾倒もあり、今回の映画でだいぶ間宮の過去も埋まるので間宮と有賀にスポットを当て過去シリーズを踏まえたブログを書くつもりでいるので、割愛をしますが、このシーンは併せて”御池 万夜”というキャラクターに関しての今後の布石になって来るような気がしてならないのです。

 

万夜は”照る日の杜”という信仰宗教団体の御神体だったと言う過去があります。でも彼に降霊能力があることを示されたと言うことはお飾りの御神体ではなく、れっきとした御神体に相応しい能力者だったと言う訳です。

正直万夜の能力値はあのシーンでは未知数ですが、”照る日の杜”の信者が謎の死を遂げていたりする関係性も勘繰ってしまいたす。しかし、あの能力を持って御神体をしていたと言うことは恐らく万夜にとってとてつもなく苦しいことだったんだろうと、暁の本編中のスペクターと対峙した時の台詞も加味すると(多分あそこで生ける屍であるスペクターと会話できてたのかもしれませんが。)想像に難くありません。

 

間宮は虚構の団体の広告塔。

万夜は新興宗教御神体

 

共に虚像に近い組織の匣の中に囚われ、他者の掌の上で踊らされていた存在として、恐らく万夜と間宮は立場が似ていたのだとも思います。その結果生きるのが苦しくなってしまった点も。だからこそ間宮は”能力がある”ということ以外でも万夜に縋ったのではないか。だからこそ万夜は間宮に手を貸したのではないか。そして、そんな似た者2人はどんな会話をしていたのか…。万夜はあの傍若無人で世間知らずの幼くも歪んだ性格の陰にどれだけの哀しみと苦しみを秘めているのか。万夜の能力と感情の底知れなさが垣間見え、ここへ万夜を元信者の柚木とメサイアを組んだら関係が深まれば深まるほど苦しくなるのも目に見えてきて、今後の万夜に想いを馳せてしまいました。

 

 散りばめられる原作の高殿円先生のエッセンス

 

結構映画を見ながらニヤリとほくそ笑んだのが要所要所に散りばめられている、舞台であまり明らかにされていない高殿先生の原作の中で出てきた設定の数々でした。原作に加えて、リブート文庫が出た際に期間限定で拝読出来た黒子が主人公のSSの中で明らかになっていた(…と思う)結構マニアックな設定も随所に散りばめられていた印象です。

 

「ポケット」という単語や「カミンスキー」と言う人物名はメサイアの原作の中で繰り返し出てきますし、劇中ハングドマンに投与されていた薬の名前は科学捜査班のDr.ONEこと如月一の名前から来ているのだと思われます。(まだ、Dr.ONEに関しては多分舞台では触れられていませんよね?余談ですが、Dr.TENの名前が天津さんなのしかり科学捜査班の名前はみんな名前に数字か読みが近い名前が入ってるみたいなので、Dr.THREEは三上さんとかかもしれない…と思ってる次第。)

個人的に大変ポイントが高かったのが一嶋係長の立ち居振る舞いです。一嶋係長がスリの名手であると言う描写は原作ではあるのですが、それを映画のストーリーの上で展開させてくると思いませんでしたし、一嶋係長が電話で口汚なく自分のメサイアである神北係長代理を罵倒するシーンは、一嶋係長は余り育ちが良くないけれど、神北係長代理は彼が金持ちのボンボンが行く大学の医学生だった…と言う設定の踏襲が垣間見えて非常に興奮しました。今後もこういった原作とのクロスオーバーが見られるのも楽しみです。

 

終焉の先に広がる新たな謎

 

周が調べた三栖の過去の話は深く掘り下げられず、大分ふんわりしていたので、ここは今後の展開を広げる為の隙間なんだろうな…と思っています。この話を通して周兄弟が活躍することを期待してやみません。

 

また、劇中さらりと投下された悠里淮斗の弟である悠里春斗が生存して北に関係していると言う衝撃の真実。

正直春斗は生きていて恐らく北に噛んでいるだろうとはなんとなく予想していたのですが、護と淮斗の卒業に絡んでくると思っていたのでこのタイミング明かされるのは意外でした。今後春斗もまたチャーチを脅かす存在になってくるのか…

 

極夜の闇の先に広がる世界にまた私たちは翻弄されていくのでしょう。それがメサイアの醍醐味。登場人物達と共に哀しみと絶望を抱えながらまたメサイアの世界に浸っていきたいと思います。

ようこそClub SLAZYへ!〜『Club SLAZY』入門〜

私は自分の好きなシリーズ舞台を挙げて欲しい。と言われたら、以前ブログに書いた『メサイア』シリーズと『Club SLAZY』シリーズを真っ先に挙げます。この大好きで素晴らしいシリーズ『Club SLAZY』の紹介を以下少しさせてください。

 

『Club SLAZY』シリーズのあらまし

”大都会の片隅「DILLY DALLY ST 24-7」に存在すると言われるメンズキャバレー『Club SLAZY』そこへ訪れることが出来るのは「ガーネットカード」と呼ばれる招待状を手にした深い悲しみを持つ選ばれた女性のみ。重厚で趣のある扉を開けると美しい男性達が華麗に歌い、踊り、女性たちを魅了する…”

 

三浦香さんが脚本・演出をされている完全オリジナルの舞台『Club SLAZY』
”SLAZY”とは”S級の怠け者”と言う意味の造語で、ショーステージでキラキラしているスター達はショーの幕が降りると怠け者だったり、気弱だったり、ナルシストだったり…途端にちょっと残念になってしまう、人間臭い愛すべき登場人物達の深い人間ドラマが描かれます。
シリーズは昨年末に一区切りを迎えましたが、年内のテレビドラマ化も決定しています。

 

シリーズ本編は以下の6作とライブDVDが1本。

 

Club SLAZY [DVD]

Club SLAZY [DVD]

 

 

記念すべき1作目。遠藤くんがSLAZYにやってきてEndになるまでの話。まだ先の上演が決まっていない、シリーズとして固まっていない段階の話なので、他のシリーズ作品と比べるとちょっと雰囲気が違う印象です。

 

 

 

Club SLAZY The2nd invitation [DVD]

Club SLAZY The2nd invitation [DVD]

 

Cool Beansの心に影を落とした7年前の出来事を、彼の先輩であるKingとOddsの話を紐解きながら、LAZY達の葛藤・嫉妬・悲哀が描かれる2作目。少し落ち着いた雰囲気の中、静かに描かれていく心理的な描写が観ていて段々沁みてきます。

 

 

Club SLAZY The3rd invitation [DVD]

Club SLAZY The3rd invitation [DVD]

 

トップエースと2ndエースがいっぺんに不在になってしまった店に突如現れたRetiとRiddle。彼らから店を守る為にCool Beans・Deep・Endが立ち上がって成長するちょっと体育会系のノリの3作目。こちらの作品から伊勢直弘さんが脚本に加わります。

 

 

Club SLAZY The 4th invitation~Topaz~ [DVD]

Club SLAZY The 4th invitation~Topaz~ [DVD]

 

8年前にやってきた”ドン底兄弟”の話を軸に現在と過去が交錯し意外な登場人物の意外な過去が明らかになる4作目。3から手前はどこから見ても比較的話が分かりますが、個人的に4・AW・finはセットで見て欲しい作品。

 

 

Club SLAZY -Another World-

Club SLAZY -Another World-

 

3年前Actがトップエースになる少し前の話。シリーズのスピンオフ的な作品。過去作で散りばめられたSLAZYの世界観の謎を明かしながら同時に根底から覆してより謎を深める衝撃作。内容も他の作品に比べてダークで重め。

 

Club SLAZY The Final invitation~Garnet~ [DVD]

Club SLAZY The Final invitation~Garnet~ [DVD]

 

 現在のClub SLAZYに”改革”がもたらされ、自分達の立場や存在を見つめ直しながら未来へ進むこれからのClub SLAZYの話。2時間半息つく間も無くほぼほぼ歌って踊り続ける凄い舞台(笑)過去のシリーズのエッセンスも随所に散りばめられていて、シリーズ観続けた後最後に訪れる多幸感は言葉に出来ません。

 

 

 

Club SLAZY SPECIAL LIVE2016 [DVD]

Club SLAZY SPECIAL LIVE2016 [DVD]

 

「Club SLAZY 大感謝祭」みたいな内容。ライブと銘打ってありますが、ちゃんとお芝居してます。登場人物がシャッフルで劇中の持ち歌を歌うシリーズ観続けたファンにとって夢の様な内容をやってのけてくれました。カバーする側もされる側も凄い。SLAZYの出演者のレベルの高さを再認識するライブ。

 

登場人物の紹介

Club SLAZYにはシリーズを通して魅力的な登場人物が沢山います。

 

物語の中では

 

ソロステージを許された選ばれし5人のパフォーマー「LAZY」(序列はトップエース・2ndエース・3rdスター・4thスター・5スターの順)

 

Club SLAZYを支える裏方「Mystic」

 

LAZYを目指して研鑽する見習いパフォーマー「Newjack」

 

と言う絶対的な順位づけと共にそれぞれの役割があります。

 

それぞれの役割を明記しながらここでは登場人物を紹介させてください。カッコ内は出演している作品を示します。(Another Worldは”AW”、Finalは”fin”と表記します。ライブは今回割愛します。すいません。)

 

Act/大山真志(1・AW)

現役トップエース。ステージ上で男女問わず魅了する色気の持ち主。上下関係の中で揉まれてきた、自分に厳しく人にも厳しいザ・体育会系。訳あって自分探しの旅に出てしまう。

 

恵まれた体格から繰り出されるキレキレのダンスとバリトンの歌声は圧巻。とても声が響いて通るしダンスも見栄えがする。

 

Bloom/太田基裕(1・2・4・fin)
現役2ndエース。Actがいなくなってからは代理トップエースも兼任。ステージ上ではクールなエロスを振りまくが、一歩舞台を降りれば”天国への階段を登りたがる”死にたがりでオバケ大好きなマイペース不思議ちゃん。Deepと仲が良い。

 

独特のアダっぽい声質にぴったりのナンバーを色っぽく歌う。手つきがセクシー。ダンスは少なめ。

 

CoolBeans/米原幸佑(1・2・3・4・fin)

現役3rdスター。Club SLAZYのマシンガンナルシスト。自分大好きな超俺様と見せかけて、誰よりも仲間思いで優しくて面倒見が良くて繊細。同時に”弱くて惨め”な自分と向き合う強さも持っている。AWも最終日に滑り込んだシリーズ全てに出演しているMr.SLAZY。

 

SLAZYきってのアッパーチューンを歌い、彼が歌うととにかく盛り上がる。と見せかけて泣かせるバラードも上手い。

 

Deep/加藤良輔(1・3・4・AW・fin)

現役4thスター。酒癖と怠け癖が酷く、いつも酔っ払いながらいかにショーステージをサボるか思案している。 Endの教育係…と見せかけてお世話をされている。Bloomと仲良し。

 

トリッキーな動きのダンスと明るい声質を生かしたポップでハッピーな曲調のナンバーを歌う。ジャジーで色っぽい曲もお手の物。

 

End/井澤勇貴(1・3・fin)

現役5スター。恋に敗れた人生後ろ向きな青年。何故か男性には届かない筈のガーネットカードを手にしてClub SLAZYにやってきた。弱気な割に強気。他のLAZYのツッコミ役。Deepのお世話係。

 

とにかくダンスが上手い。あと脚が長い。透明感のある澄んだ歌声でバラードもセクシーなナンバーも歌い上げる。

 

Q/法月康平(2・3・4・AW・fin)

ショーステージの裏方であるMystic。LAZYやNewjackを始めとするお世話係もやっている様子。 柔らかい物腰と丁寧な口調でそつなく仕事をこなし、周りを見透かした様な隙の無い言動をする。

 

上に通る伸びのある声で、様々な感情が溶け込んだミュージカルナンバーを歌い観客をSLAZYの世界へ誘い込む。

 

Odds/藤田玲(2・4・fin)

7年前の2ndエース。Cool BeansとDooBopの教育係。計算高い俺様ナルシストだが、本当は繊細で優しい人間好き。過去に店を辞めてしまっていたが、とある事情でSLAZYに呼び戻される。

 

芳しい色気を振りまきながら、色っぽい歌声で観客を誘惑していく。華麗なステッキさばきと客降り破壊力は最強。


Zs/藤原祐規(1・2・3)

Club SLAZYの支配人。三度の飯よりとにかく寝ることが大好きな三年寝太郎。何も考えていないように見えて、本当は誰よりも先を見据えて計算が出来るキレ者であり、同時に誰よりも愛情深い人物。


Fly/才川コージ(1・2・3・4)

Cool Beansを神の様に崇めているNewjackの一人。自分がLAZYになれる日に向け日々励んでいる。軽やかな身のこなしのバク転は見もの。

 

Glaf/後藤健流(1・2・3・4・AW)

Cool Beansを神の様に崇めているNewjackのもう一人。”雰囲気眼鏡”と人から言われることを最も嫌っている。
パキパキでキレキレのダンスパフォーマンスは随一。


自分達より入店が後のEndが先にLAZYになってしまった為、FlyとGlafは彼に対しての当たりがキツイ。

 

DooBop/倉貫匡弘(4・fin)
Cool Beansと共にOddsの下でNewjack時代を過ごした同期。今は店を退いてしまっているが、訳あって再び店に姿を現わす。

 

Ya/大須賀純(1)

ZsがLAZYで2ndエースをやっていた時代の同期のLAZYのトップエース。ZsにそそのかされSLAZYを2人で抜け出したまま彼だけ店に戻らなかったが、数年後目的を持ってSLAZYに舞い戻って来る。

 

King/渡辺大輔(2)

7年前のトップエース。店に来た人々全ての幸せを願いショーステージに立っていたが、1人の女性に恋をしてしまったことで徐々に変化していく。

 

Peeps/山下翔央(2)

新人の見習いNewjack。Club SLAZYにNewjackとしてやってきたの何か理由がある様子。

 

Reti・Riddle/インザーギ森崎ウィン(3)

突然Club SLAZYに現れた謎の二人組。
LAZYも脅かすレベルの歌とダンスを披露してくる凄腕パフォーマー。無口でミステリアスな雰囲気を持つのがReti。明るくお喋りなのがRiddle。


Will/東啓介(AW)

3年前のトップエース。先見の明があるにも関わらず、常に弱気で後ろ向き。プレッシャーにもすこぶる弱く、いつもビクビクオドオドしている。

 

V.P/Kimeru(AW)

3年前の2ndエース。ちょっと(?)お節介で口煩い。エレガントにあることを信条とし、Willのことを常に気にかけている。

 

Eyeball/長倉正明(AW)

Actが面倒を見ていたNewjack。後に5スターに昇格する。個性派揃いの3年前のSLAZYの中である意味1番しっかり周りを見ていた人物。しかし、とある理由から店から姿を消す。

 

Mr.X/石坂勇(3・AW)

Club SLAZYのオーナー。ただならぬ雰囲気を持つナイスミドル。常に変革を求め、停滞や否定をする人物達に試練や罰を与える。SLAZYの中では彼の言うことは絶対。

 

『Club SLAZY』と言う作品の魅力

まず特筆すべきは煌びやかで華やかなショーステージ!キャラクターの当て書きの様な曲や歌詞に加えて、演じる俳優さんもアイコンになる様な声や歌い方をする幅広く様々なタイプの”歌が上手い”方を見事に揃えています。(この手法はなんとなく歌を売りにしたアニメ作品の中で歌われるキャラクター毎のキャラクターソングを彷彿とさせると私は思ってます。)


その魅力の一端を担っているのは何と言ってもAsuさんが作詞・作曲されている楽曲。ミュージカルを観ても曲が印象に残らない作品って結構あるんですが、SLAZYはジャジーな曲にポップな曲、ミュージカルナンバー…と曲の雰囲気も幅広いのに、どの曲も2、3回聴くと何となくメロディと歌詞がなぞれてしまう。それくらいキャッチーで耳に残ります。加えて振り付けの當間さんの曲とキャラクターに合わせたダンスの振り付けも見事としか言いようがありません。


加えて出演者のパフォーマンスのレベルも非常に高い。
「よくここまで歌って踊れるイケメンを揃えたな!!!」
と驚く位に。決して2.5次元の舞台ではありませんが、キャラクターの立て方やキャラクターの誇張の仕方は印象として近いものがあるかもしれません。


かと思えばストレートプレイのパートではキラキラしたショーステージの裏で巻き起こる騒動を各登場人物のキャラクターを掘り下げながら、それぞれの心情や葛藤、そして観ている我々が驚くどんでん返しが丁寧に描かれ、観ている我々も『Club SLAZY』のショーステージを観に来ている観客でもあり、同時に別の役を担う存在でもあり…と観客も含めて空間全てが『Club SLAZY』の世界に生きる存在と化していきます。


出演俳優さん達のレベルの高い演技もパフォーマンスもガッツリ楽しめる。ミュージカルでもストレートプレイでもなく、寧ろ両方の美味しいところが全て見られる。そして我々観客も含めて世界観を作り上げる唯一無二の作品。それが『Club SLAZY』と言う作品なのです。


何より作品全てに製作スタッフや俳優さんの愛情が随所に見て取れる本当に素敵な舞台です。だからこそファンにも愛されている作品なのだと思います。

 

見ていて最後には誰かを思う大切な気持ちをいつも呼び起こさせてくれる『Club SLAZY』色々な人に本当に観てもらいたい素敵な作品です。

 

是非このブログのどこかで少しでも興味をもって戴いた方はシリーズどこからでも構わないので手に取って貰えると嬉しいです。

好きな俳優さんの好きな舞台の話〜染谷俊之さん編〜

元々舞台に限らずですが、観に行くのは好きだったのですが、紐解いてみると今の様に舞台を色々観に行くようになったのは染谷さんがきっかけだったんだろうなあと思い返してます。

染谷さんは”そめさま”って呼んでるんでこの後からは”そめさま”って呼び始めます。

 

そめさまと出会ったきっかけ


きっかけは妹が先にハマったことです。妹は『弱虫ペダル』の京都伏見高校が好きで、友人に誘われて観に行った舞台の『弱虫ペダル』で御堂筋役の村田充さん(今神田沙也加さんとの結婚で話題ですね。)と石垣役の染谷さんにまんまとハマって帰ってきました。
今まで2次元しか見て来なかった妹が突然色々な舞台のチケットを取り始めて割とびっくりした当時の思い出(笑)
本当まだ舞台に対しての好みとかが解らず鼻が効かないのでそれこそ妹が片っ端から取っていたチケットで公演が被ったチケットをよく譲って貰っていました。

最初にそめさまを観たのは『グッバイシェイクスピア!!!』と言う小劇場の舞台。その時は
『おお。これが妹が好きな噂のそめさまか…!』
というのが先に来てしまった印象です。
あと、「泣きの演技畳み掛けてくるな…!」とも。
キャラクター自体としては共演していた木村敦さんの役の方が多分好みだった気がします。
内容としてもとても面白かったのですが、今観たらまた別の印象を受けるのかもしれません。

そめさまも私の中のターニングポイントが『メサイア』なんですよね。
これも、たまたまそめさまが出るということで妹がチケットを取っていて、重複したチケットを譲って貰っていたのです。
それまではそめさまは結構明るい感じの役を拝見することが多かったので、
メサイア』で演じた間宮の控えめでどこか感情を抑えた儚げな雰囲気とか、伏し目がちで哀しげな表情とか、あと耳が良い設定だったので耳元の髪を搔き上げる仕草とか…どれを取っても凄い綺麗で。ある種の色っぽさがあって。
改めて「綺麗な人だな。」って観ていて魅入ってしまったんです。
そめさまは井澤くんと元々ペアを組んでいる役だったのですが、先のブログの内容の通りあくまでサポート役でさして目立たなかったんですよ。
そこからの続編の『鋼ノ章』「『メサイア』面白いから主演楽しみだねー!」
なんて妹と言っていたら

 

とんでもなかった。


「楽しみだねー」なんて生温い感情を持っていた当時の自分を張り倒したかった。
普段のふんわりした雰囲気を全て覆す、そめさまから溢れ出す憎しみ、哀しみ、絶望。と負の感情のオンパレード。とりあえずしんどい。彼を見ているのすら苦しい。でもその絶望と哀しみに身を焦がして顔を歪ませるそめさまから目が離せない。逆にその歪さが美しいと思うくらいに。

最初に見た時の「泣きの演技が畳み掛ける」って感覚が間違ってなかったのと、私が見たいそめさまってこれなんだな。
…と気づいた瞬間でもあったのでした。

 

個人的にそめさま出演の好きな舞台

 

こういう言い方をするととても失礼なのは解っているのですが…
そめさまは出演作が多いんですけど、本当に玉石混淆と言うか…
舞台自体や、そめさまの役回りも自分の好みに合う合わないが幅広いと言うか…
でもその分様々な出演舞台を観に行くことで自分の好みの作品や舞台の見方が解ってきたと言うのもあると思ってます。

 


私の見たいそめさまの演技を見られる舞台は悲しきかな大抵キャスト変更してしまうんですよね。

とりあえず知名度もあって個人的に凄い見て欲しいのはストレートプレイ版の「舞台 刀剣乱舞」いわゆる刀ステ初演の鶴丸。

 

 

 

 

鶴丸のゲームの「衣装は白一色でいいのさ。戦場で赤く染まって、鶴らしくなるだろう?」と言う台詞を聞いた時、私は普段は飄々としている鶴丸に対しての人を斬る事に対する悦びというか…底知れない怖さの様なものを抱いたのですが、同様の台詞がそめさまが舞台で言った時のゾッとするような雰囲気とか表情を見て「…これだよ!!!」とめっちゃ思ったんですよね。
再演の健人くんとそめさまの鶴丸のアプローチは全然雰囲気が違うので、どちらが良いかは本当個人がゲームで抱いているイメージと好みによると思います。
健人くんの鶴丸の方が優しそうで、あえて道化を演じてるようなイメージ。これはこれで好きですが、そめさまの鶴丸のあの白装束を数多の敵を斬り血染めにして、レベルカンストさせてそうな強い空気感と凄みが私は好きです。

 

 

 井澤くんに続き完全に『メサイア』の回し者みたいになってますが…

やっぱりメサイア〜鋼ノ章〜』は観て欲しい…

 

メサイア-鋼ノ章- [DVD]

メサイア-鋼ノ章- [DVD]

 

 

メサイア』はそめさまの表情演技が秀逸なんですよ…振り子の様に動く心と、ポイントポイントで人に対して絶望して心を殺していく様子が。深く絶望して。全てを諦めて。憎悪以外の感情が死んでしまった化物の表情から井澤くん演じる有賀の一言でふっと人間の表情に戻る瞬間が。全てを知るのが遅すぎた間宮の「ごめんよ」の台詞の今までとの回し方の変化が。
井澤くんとの剥き出しの感情でぶつかり合うアクションシーンは動けて演技も出来る俳優さん同士ならではだと思います。

しかしこのシリーズ出演してる作品全部でそめさまの役は可哀想な気がするぞ…

 

 

メサイアも刀ステもとにかくそめさまは動ける!殺陣もアクションも早くてキレキレです。役の雰囲気と殺陣という点では「幻の城」も好きです。

 

 少し影のある霧隠才蔵の役が本当にぴったり。主演の鈴木拡樹くんの演技も圧巻。ただ、個人的な好みの話をすると舞台の話自体が余り好みではないんですよね…
出演者の演技を見るという観点においては文句なしです!

 

あとはちょっと見る人選ぶかも知れませんが、舞台版の『ヴァンガードのレンも好きですね。

 

 

ジャンルがジャンルなので、2.5次元としても見に行きづらいジャンルだと思いますし、ゲームのルールやカードの効果が舞台だけだと若干解りづらい難点があるのですが。
(観に行った時は妹がヴァンガードが好きで全部解説してくれました(笑))
自分の元を去った櫂くん憎悪を抱き執着する様や。普段の底知れない雰囲気の醸し方とか当に「上手いな〜。」の一言。
ちなみに櫂くん役は健人くんなので俳優的に鶴丸二振見られますよ。


ここまで書いて読み直してみると
「そめさまヤバイ人なんじゃないか…」
と思われてしまいそうなものばかり挙げてしまったのですが、イベントや舞台挨拶で拝見するとトークの感じが少し不思議でフワッとしたちょっと天然の雰囲気の綺麗なお兄さんです。

 

前に紹介した太田さんと共演している『マスタード・チョコレート』も楽しみですし、今年の夏のTRUMPシリーズ新作『グランギニョル』の主演は久々に私の好きそうなそめさまを見られそうな期待感に溢れています。

若手俳優界隈でも恐らく人気はトップレベルだと思うので、願わくばもっと幅広く色んな役を2.5次元でもそれ以外でも舞台で演じるそめさまが見てみたい…と思う次第です。

好きな俳優さんの好きな舞台の話〜井澤勇貴さん編〜

井澤くんはスタイルも良いし格好良いとは思うのですが、そこを差っ引いたとしても出演作品を見れば見る程求心力があって「もっと他の作品を見てみたい」と魅了されてく、華のある魅力的な俳優さんだと思います。

 

井澤勇貴くんとの出会い

 

初めて拝見したのは「メサイア翡翠ノ章〜」でした。そもそもメサイアを観に行ったのがたまたまだったので、当時はオールバックの見た目のインパクトと本人の強そうな雰囲気にひたすら気圧された印象。ただ、舞台の話の中ではサポート的ポジションなのでさして目立たず。「良い声してる俳優さんだな。」位にしか思ってなかったのです。

…が。

続編の「メサイア〜鋼ノ章〜」
元々最初に見た時からメサイアの黒い服は私のフェチ心をくすぐりにくすぐっていたのですが、続編の鋼の章で発覚した有賀の設定が


フルスロットルビンゴー!!!


と私の脳内でゴングをかき鳴らす程度に私のツボ設定を炸裂させてきました。

これを言うと凄い語弊があるかもしれませんが、メサイアの有賀に関しては、私のフェチ心を全開に満たしてくるパーフェクト賞の設定なので、正直メサイアに関してだけは井澤くんが好きなのか有賀が好きなのかよくわかりません。
それぐらい有賀好きです。

 

閑話休題 

 

そんな「メサイア」で孤高で最強の元暗殺者の雰囲気醸しまくって演じていたのが22歳のうら若き青年とか嘘だろ!!!
と、1人で頭を抱える日々。
当然他の出演作品が気になり始めます。そこから辿り着いたのが
「Club SLAZY」
井澤くん演じるEndの出演作品としてまず3から観始めたのですが、

 

…え?有賀演じてた人と同一人物だよね??

 

と2度目の衝撃を受けることに。
まず台詞を発する声質と喋り方が違う。
有賀は結構低めに声を作って、台詞の喋り方も重い感じなのですが、
Endは普段の喋る声のトーンと同じ感じで、ちょっと声が裏返しになりかけていたり、台詞の感じもせせこましかったり…。って言うか歌上手くないですか!!??

 

しかも、舞台の上での佇まいや立ち振る舞いも違う。
有賀は少し重心を後ろにかけ、肩で風を切って大きく歩くので、有賀の方は実際の体格以上に大きく強そうな印象を受けます。
対して、Endは常に手を前に組んで節目がちに前かがみ。歩く感じもちょっとせせこましくて、とてもおどおどして見える。

Club SLAZYのEndは恋に敗れた弱気で人生後ろ向きな男の子。
メサイアの有賀は愛を知らない強くて冷徹な殺人機械。

ほぼ対極に位置する役でありながら台詞がなくても佇まいだけでそれぞれのキャラクターを示せてしまう。

しかも、この過渡期にる・ひまわりファンで滝口幸広さんや大山真志さんを推してる友人が共演していた出演舞台のDVDを提供してくれたのがトドメ…
結果としてそれぞれ良い意味で違うキャラクター魅せ方と演技の落差にやられて、「他の作品ももっと観てみたい!」
と思ううちに出演作品を追うようになって行ったのです。

 

個人的に好きな井澤くんの作品

 

あれだけ前半に長々と書いたので最早何も言うことは無いかもしれませんが、
井澤くんの凄さを感じるには 


「とりあえずClub SLAZYとメサイアを観てくれ!!!」


ということを声を大にして言いたい。
この2本を見るだけで役の振れ幅の広さは十二分に解ります。
井澤くんのトータルのポテンシャルの高さを味わうのは「Club SLAZYの方がオススメかもしれません。

 

 

Club SLAZY [DVD]

Club SLAZY [DVD]

 

 


スタイルの良さを全面に生かした他の追随を許さない滑らかでキレキレのダンスと、透明感があって伸びのある歌声。「Club SLAZY」に来て少しずつ変化して行くEndくんの心理を丁寧に見せてくる演技。どこをどう切り取っても物凄い魅せてきます。

 

 

メサイア-鋼ノ章- [DVD]

メサイア-鋼ノ章- [DVD]

 

 

華やかな感じの役が多い印象なのでメサイアの有賀は割とイレギュラーなんだな…と様々な出演作品に触れた後思いました。
表情一つ変えなかった有賀が徐々に奥に秘めた感情を露わにし、最後に堰切って溢れ出す過程や、相棒である染谷俊之さん演じる間宮に対しての特別な思いの滲ませ方、その感情を乗せながら激しいアクションを繰り広げてくる様は圧巻です。

 

 

自分の趣味を全面に押し出してしまいましたが、今の代表作となるとやはり松ステのF6おそ松になるんでしょうか?

 

 

 


爽やかジャスティスのエロい腰つきとキレキレのダンスを堪能して戴きたいところ。
ただ、2.5次元だと原作のキャラクターありきで、元のキャラクターの強さに印象が比例するのも理解できるので、これだと魅力は伝わりきらないかなあ…ともちょっと思ったりします。


2.5次元舞台ならば併せて、舞台初出演作品のPEACE MAKER新撰組参上〜」の鈴。

 

PEACE MAKER―新撰組参上【DVD】

PEACE MAKER―新撰組参上【DVD】

 

 



見た目が鈴に近いかと言ったらちょっと違うのかもしれませんけど、読んだことがある方は解る通り鈴は最終的に復讐心と狂気に駆られていきます。本編はその手前で終わるのですが。
最後の「あ、鈴。壊れちゃったんだ。」って見ていて狂気を内包したゾッとする空気感を醸す演技は見ていて初出演と言えど現在の片鱗を感じます。続編はやらぬまま終わっていますが、正直壊れきってしまった井澤くんの鈴も見てみたかった気がします。

 


そして、本当に素晴らしいと思ったのが
メサイアの演出をされている西森英行さんが所属するInnocentSphereという劇団で出演されていた「悪党」という作品

 

http://www.innocentsphere.com/back-number/akutou/


池田屋小学校の事件を題材にした作品で、被害者の児童の兄の役なのですが、犯人に対する攻撃的な剥き出しの憎悪と仄暗い瞳は最早劇中の登場人物以外何者でもなかったです。他の出演者の方の演技も素晴らしく、観劇中演技に飲み込まれてしまいそうな感覚と言うのを初めて味わった気がします。

 

 

とにかくどれを切り取っても良い演技をしていて出演作品を見る度に平伏してしまうのですが、実力の割に出演作品が少ない印象があります。
ご本人のSNSを見る感じだと、今後映像関係のお仕事も増えてくる感じなのかしら〜。と思いながら拝見してます。
映像で色んな人が井澤くんの演技見てくれたら嬉しいなあ!と思うと同時にやっぱり出演作品毎に纏う空気感の変わるあの雰囲気を舞台で堪能したいなあ!
とも思ってしまいます。

これだけ観る作品観る作品で演技で魅せてきて感心するのに、まだ24歳とか信じられない(笑)
これからもっと伸びて行くことに未知の末恐ろしさすら感じます。
推しの贔屓目なのは解っていますが、今後色んなシーンで活躍して爆売れすることを願ってやまない俳優さんです。